読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天泣

二次元好きが好きなことを好きなだけ書く。

作って売って借金返済!『レミュオールの錬金術師』

ゲーム

何かに興味が出てきたときに、近くにその道に詳しい友人がいると第一段階の情報収集がスムーズにいきますよね。疑問に思ったことをすぐに訊きやすい。

私が友人によく認識されている要素として『ゲーム好き』があります。確かに、アナログゲームもテレビゲームも大好きです。据え置き機・携帯機問わず、アクション・シミュレーション・RPG・乙女ゲーその他もろもろ、気になったものはとりあえず手を出す性質です。そうなると、よく「何か面白いゲームない?」とゲーム迷子な友人から相談を受けます。

つい先日も、「コスパが良くて廃人になれるシミュレーションゲーない?」と訊かれました。(だんだん要求が細かくなってきている)コスパが良くて廃人になれるゲーム・・・一瞬Civ*1を薦めそうになりましたが、友人にはまだ人でいてほしいので思いとどまりました。まだ引きずり込むには誘うには早い。

考えた結果、最近アプリ版を買って再びドハマりしている『レミュオールの錬金術師』を薦めることにしました。今回はその布教用エントリーです。

 

レミュオールの錬金術師って?

 ゲーム制作サークル「犬と猫」が制作したやりこみ型店舗経営シミュレーションゲームだよ!

おおまかなストーリー:海洋都市イシュワルドのレミュオールという地区に住む、錬金術師ティコと弟子のルヴェル。ある日、ティコが「とあるもの」を買ったために、多額の借金を抱えてしまいます。さらにあろうことか、借金返済のためにルヴェルのへそくりも使う始末。さすがに仏の顔も消え去ったルヴェルは、働いてちゃんとお金を返すようにとティコに強く出ます。そうしてティコは店舗を経営し、利益を上げ、借金を返済することに。錬金術師ティコのアトリエ本日開店!

 

現在PC版・DS版・アプリ版の3種類があります。DS版のみ未プレイ。

PC版は何とフリーゲーム。ダウンロードさえすればすぐに遊べます。マウスだけで遊ぶことができるので、ゲームパッドを用意する必要はありません。

アプリ版は有料だけど、いつでも気軽にできるところとアイテム数がPC版の275種類から360種類に増えているところが売り。あまり大きな追加要素があるわけではないので、とりあえずPC版をプレイしてみることをおすすめします。

 

どんなゲーム?

f:id:odetto:20160913094140j:plain

(PC版開始初期の画面。商品棚(画面右)の品目も少ない) 

 

 やれることはいろいろありますが、基本的には(あらゆる手段で)商品を仕入れ、ひたすら売りさばくゲームです。

仕入れ先は主に、

  1. イシュワルド市場から仕入れ
  2. レトレト牧場から買い入れた動物からの副産物
  3. ルヴェルくんに見繕ってきてもらう
  4. ヤヨイちゃんからのおすそわけ
  5. たまに来る行商人
  6. 冒険者のフィルやシオに探索をお願いする

このうち3と4は元手が必要ないので序盤特に重宝します。2人とも天使・・・。

 

【イシュワルド市場から仕入れ】

一番ポピュラーな仕入れ先。外出タブから行くことができ、水や米といった食料品から、蝋燭などの生活用品まで売っている。8がつく日は薬草類、9がつく日は野菜や果物などに品揃えがチェンジ。

【レトレト牧場の動物】

長期的な収入源。外出タブから行くことができ、鶏や牛などの動物を買うことができる。買うにはそこそこの金額が必要になるが、一度買ってしまえば毎日卵や牛乳などを作ってくれる頼もしい存在に。もちろん販売もできるし、チーズやプリンに加工して売れば利益も沢山出る。予算に余裕ができたら、序盤から導入したい。

戦駒犬は泥棒除けに最適です。500からは無意味だとわかっていても999匹買っちゃう。

【ルヴェルくんに見繕ってもらう】

特殊タブからルヴェルくんの行動を指定することができる。いくつか選択肢がある中の「商品を見繕ってきなさい」を選ぶと、無償で商品を持ってきてくれる。へそくり使い込まれたのにルヴェルくん優しすぎやしないですか。

【ヤヨイちゃんからのおすそわけ】

天使2人目。たまに夜やってきて、保存箱に品物をおすそわけしてくれる。名声値によって持ってきてくれる品物が変わる模様。

【たまにくる行商人】

在庫の空きがない時に限って来る人(経験談)。探索や市場で手に入るものもあるが、行商人からのみ購入出来るものもあるので、見かけたら積極的に利用していきたい。

【フィルやシオに探索をお願いする】

特殊タブから探索を依頼することができる。最初は行ける場所も限られているが、条件を満たすと探索する場所も増える(=採取できる物の種類も増える)。ただ、1日あたりいくらとお金がかかるので、コスパはあまりよくない。所持金との相談必須。

 

加工で商品の品質上げ!

商品は売ったら終わりじゃないんです。累計販売個数によって、さまざまな行動が可能になります。

まずは100個販売を目指そう!同じ商品を100個販売すると、朝1回の自動仕入れが可能になります。200個売ると、商品の加工が可能になり、よりランクの高い商品にすることができます。技術値によって成功率や必要数が異なるので注意。また、加工には体力を必要とするので気を付けましょう。体力を消費することから、加工は意外とアナログ方式・・・?(錬金術とは・・・)

500個売ると、朝1仕入れだったものが常時仕入れ可能になります。こうなれば仕入れ数を設定して早送りにするだけです。数字が増えていくことに快感を覚えはじめたら、ようこそ。底なしの世界へ。(満面の笑み)販売数999までまっしぐら。

売り棚や販売個数を増やしたくなったら

外出タブから「ドボック建築事務所」へ行きましょう。倉庫の拡張工事や売り棚の増築が可能です。拡張工事では保持できる在庫の数が増え、売り棚の増築によって店頭に一度に並べられる商品の種類が増えます。

 

このゲームの終わりは?

ありません。・・・というのは半分冗談です。膨大な金額の借金を返済すると、第1のエンディングを迎えます。第1です。その後もやることが出てきます。それをこなすと第2のエンディングを迎えます。これで恐らくメインのイベントは出そろい、ここからは自己満足の世界である第3のエンディングを目指すことになるでしょう。

ちなみに私はアイテム図鑑のコンプ(販売数999)を一応の目標にしています。何百時間かかるのか想像できません。かなり昔にやりこんだPC版は200種類ちょいで力尽きました。

 

改めてレミュ金をプレイしての雑感

f:id:odetto:20160909120900j:plain

「卵が999個いったからリストから外して、温泉卵を加工してプリンを新たに店に並べよう。ああ、ミルクもだいぶ増えてきたから、ヨーグルトからチーズを作る計画を立てなくては。・・・ああ!加工する体力がない!!市場に行って何か見繕うか、卵を売り続けるか・・・」やめ時を見失うの図。

 

アプリを午後11時頃にダウンロードして、気付いたら日付がまわって午前3時でした。あかん。起きる時間に目覚ましをセットするのではなく、寝る時間にセットするべきです。一応1日ごとに販売状況の報告があるので区切りはあるんですけど、「あと1日・・・もう少しだけやろう・・・」と続けてしまうんですよね。

これはあれです、Civ「あと1ターン・・・あと1ターンだけ・・・」と同じかおりがします。休日まるまる潰れるなんてよく聞く話です。私もよく潰します。

上の画像は始めて4時間の序盤も序盤ですが、見事に牧場の直売所化しています(笑)小麦粉は棚埋めのために急きょ市場から仕入れました。初めは水や米など市場で調達できる商品を並べて売り捌き、少しずつ鶏と牛を買い揃えていって、卵と牛乳の供給が安定してきたら加工や増築に手を出していくスタイルです。

たとえ資金が底を尽きたとしても借金の返済額が増えるだけなので安心です。

販売数や在庫の数字がくるくる変わるだけでも楽しいのですが、レミュ金は思ったよりミニイベントが多い印象です。ちょっとした掛け合いやミニゲームがいいスパイス。

序盤のシバ(ギャンブラー)にはたまに殺意がわく。ギャンブル用のお金を要求してくるのはまだいいとして(当たれば3倍で返してくれる。当たれば。)、在庫の空きと所持金がそこそこあると勝負を挑んできて、こちらが負けるとありったけのガラクタを押し付けてきます。図鑑にあるから売るけどね!まいどどうも!だけどなんか憎めないんだよなぁ。はいはいってお金を出してしまう。

15時間遊んだ現在は第2エンディングまでクリアし、スーパー自己満足やりこみタイムに突入しています。とりあえず人気と治安に直結する招き猫と戦駒犬は999匹揃えました。ルヴェルくんはお店の人気を上げてもらうように指示をして、羊の寝袋と麻雀牌が主力商品です。牧場直売所から通ってくれているお客さんもびっくりの転身っぷり。これだけやって、図鑑リストの名前埋めは30%ほど。・・・なんてこったい。

スマホ版のボタン配置には初め戸惑いましたが、慣れると直感的な動作が出来るスマホ版の方が遊びやすく感じました。

 

レミュ金をプレイして「いいな、これ」となったら、同サークルのシェアゲームにも手を出してみるといいと思うよ!レミュ金のシステムを採用した『海猫レストラン☆海猫亭』のアイテム総数は600以上!

個人的なおすすめは『ラクノープリンセス』です。レミュ金でもお世話になるレトレト牧場が舞台。入場料とか動物の繁殖などいろいろな要素があり、アイテムにも絵がついて画面が華やかです。

「犬と猫」のゲームはどれも基本イシュワルド王国という国の中でのお話なので、他のゲームを遊んでも「あ、このキャラクター見た」「あれからこういう関係になったのか」といった後日談を垣間見ることもできます。キャラクターに愛着がわくよ!

 

■犬と猫公式:http://inutoneko.jp/

■犬と猫ワールドガイド:http://inutoneko.jp/guide.html

■レミュオールの錬金術師公式: http://inutoneko.jp/game/renkin/renkin_top.html

*1:ふと気づいたら空が明るくなっているゲームです。