読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天泣

二次元好きが好きなことを好きなだけ書く。

ツキウタ。陽&夜「DA☆KAI」感想

こんにちはー。先日ツキウタ。AGFでの新作中華?パンダさんシリーズのイラストの陽くん&夜くんが公開され、見事に萌え死にました。MOMOMANそこ代わって。夜くん相変わらず可愛すぎ天使だし、陽くんは溢れ出る色気がけしからん。ありがとうございます、ありがとうございます・・・。

 

今回は陽&夜デュエット曲「DA☆KAI」感想です。先に淡い花の感想をあげていますが、発売時期的にはこちらが先です。

 ジャケットがこちら。

 

f:id:odetto:20160904213045j:plain

 

こちらは淡い花のジャケットとはまた違い、近未来風の衣装です。ラインがうすぼんやりと発光していて綺麗です。淡い花はふわふわした可愛い雰囲気の衣装でしたが、こちらの衣装はどこかパリッとした雰囲気で、これはこれでカッコいいですね。それよりも特筆すべきは2人の肌チラ加減。2人のSAKOTUに目が釘付けです。いいものを見せていただきました。(発言がだんだん過激になってきている気がする)

 

表題曲「DA☆KAI」とカラオケ、ミニドラマ「はじめまして編」が収録されています。

 

以下、ネタバレ注意です。

 

 

続きを読む

ハンドメイド欲

こんにちは!9月だよ!夜くんのターンがやってきたよ!先日ツキウタ。オンリーショップに行ってきました。みんなのサインが見れてとても幸せです。新くんの常連っぷりにおどろき。

 

先月末は久しぶりに地元で過ごしました。やっぱり故郷はいいものですね。そう頻繁に帰るわけじゃないせいか、帰省するたびに周りの建物が変わっていたりします。なんだか知らない街のような、そんな気がしてしんみりしてしまうのもお約束。

 
地元に戻るたびに遊んでくれるありがたい友人がいます。地元でオタトークができる友人は彼女しかいないので、会ってもつい刀剣乱舞や乙女ゲームの話をしてしまいます。好きなジャンルが結構被っているので、話が尽きない尽きない!普段、私は言葉数が少ない(と思っている)のですが、この時だけはマシンガントーク化してしまう(笑)おしゃべりは大好きだけど、人見知りが激しいのです。あと、オタク話を除くと何を話していいかわからなかったり。みんな普段どんな会話しているの・・・。
 
話がぐるっと変わりますが、昔からハンドメイドが好きです。ビーズ、編み物、刺繍・・・とにかく気になったものは片っ端から挑戦します。やっぱり合う合わないがあるので、長続きするものもあれば、すぐ飽きてしまうものもあります。刺繍はまだ早すぎた(すぐ挫折)
ハンドメイドに手を出す理由ってさまざまだと思います。私は『欲しいものが市販で売ってないから作っちゃえ』系です(笑)くらげのアクセサリーとか欲しいんですけど、なかなかないんですよねー。
あとは、オタクとわからないオタグッズ。キャラクターのイメージカラーを使ったアクセサリーとか。市販のもので好きなキャラクターのイメージっぽいカラーリングの小物は見かけたりするけど、自分が欲しいものからはどこか外れていたりするので、理想のものを手に入れるには自分で作るしかないことが多いのです。
そして今回は、地元の友人の誘惑お導きにより、刀剣乱舞の推し刀(祈願)グッズの製作に着手しました。作れば出るという言葉があるからね!
人生初のプラバンです。塗り方や焼き方を散々調べて作ったパーツがこちら。

 

f:id:odetto:20160902090124j:plain

 
加州清光の紋です!この子初期刀なので既にいるけど、初めに作るなら清光かなーって思いました。横に置いている爪楊枝はサイズ比較用です。
相当大きく描いたつもりだったのに、いざ焼くとすごい勢いで縮まるわ丸まるわでオーブンの前で声援を送っていました(笑)焼きあがってからのプレスも時間勝負で、こんなに大変だとは思っていませんでした・・・。慣れてくれば手際よくできるのかな。
着色はポスカです。発色がとても綺麗だし、不透明にしたかったのでいい感じ。描いた跡も気になりませんでした。ポスカだけだと使ううちに削れる危険性があるので、マニキュアのトップコートで保護。ホントはレジンとか使用するとより綺麗な仕上がりになるのかもしれないけど、試作だし手軽に使えるものからだよね!レジンは使ったことないから未知の領域だし!(プラバン扱うのに精いっぱい)
他にもマニキュアや色鉛筆でも着色できるようなので、それらもそのうちチャレンジしてみたいです。宇宙塗り?も気になる。
 
プラバンは縮むとき、縦横の収縮率の違いにより絵がのびたような仕上がりになることが多いらしいので心配していましたが、案の定ほんのり伸びました。完全な丸にはならなかったけど、どう収縮したのかいまいち分からないので数を作ることでカバーする予定。
いくつかパターンを作って、最終的にはキーホルダーみたいなものが作れたらいいなと思います。友人の推し刀verも作りたい。その前にそのキャラの色のペンを買わないと・・・!!
 

ツキウタ。葉月陽「Hee!Hee!Foo!Foo!」感想

こんばんはー。友人にブログを見せたら、「ブログURL(ID)の『odetto』ってなに?ブログ名とのつながりが見えない。白鳥の湖なの?」とありがたいツッコミをいただきました(笑)

ふははは!残念だったな!つながり?ないよ。

むしろ私は白鳥の湖というワードが出てきたことに驚きです。全くもって関係ありません。『odetto』って、odeon(仏)とdiletto(伊)をくっつけて創った言葉なんですよね。楽しい最愛の劇場、みたいなイメージで使っています。IDっていつも何にするか悩むんですよねー。だいたいコレだ!って入力して、<すでに使われています>の文字を見て力尽きるパターンです。簡潔な言葉を好むので、被りやすいんですよね・・・(遠い目)

 

今回は陽くんの「Hee!Hee!Foo!Foo!」感想です。陽くんってカレーが好きで自分でも作るほどなんですけど、ついに歌にしてしまいました。華麗なるカレーの歌。(公式だよ!)陽くん曲の「Genau!」(→詳細)で耐性がついているからどんなのきても大丈夫!・・・と思っていた時期が私にもありました。

まずはジャケットどーん。

 

f:id:odetto:20160823112600j:plain

 

なんか、とても、カレーです。 

うーん、色合い?なのかな。しかもこれ、ちょっと箱が大きいんですよね。レトルトカレーの箱のイメージです。パッケージデザインもいい。そしてまさかのカレースプーンもついてきます。こんなCDはじめて見たよ!CDラベルまでカレー一色で、壮大な飯テロをうけている気分になりました。

 

表題曲「Hee!Hee!Foo!Foo!」と「君は華麗なる「Laila」…」、それぞれのカラオケverの計4トラック収録されています。

検索すれば試聴動画がすぐ出てきますが、一応ネタバレ注意です。

 

 

続きを読む

2.5次元舞台・ミュージカルのDVD化が多くてうれしい【動画アリ】

鯰尾藤四郎に会う夢を見ました。・・・夢でした。

醒めたくない夢に限って醒めるのが早いのは、神さまの悪戯なんでしょうかね?

 

今回は話がバラバラすぎてタイトルに悩みました。悩んだときは、一番言いたいことを表題にするに限ります。タイトルは読むか読まないかの基準になることが多い気がする(実際に自分がそう)。あとこれは書く側の都合ですが、ブログ記事が増えてくると管理が大変になってくるので、パッと見てわかるタイトルは未来の自分に優しいと思っています(笑)バシッと決まる言葉が毎回出てきてくれれば問題ないんですけどね・・・。

 

先にお話ししておきますが、ここで話す2.5次元舞台・ミュージカルは、漫画・アニメ・ゲームを原作とした作品で、いわゆる若手俳優さんが沢山出てくるイケメンわらわら系のものをさします。

 

最近2.5次元舞台・ミュージカルという世界におちました。それまでは、どちらかというと二次元のキャラクターを三次元の俳優さんが演じることに魅力を感じていなかった勢です。やっぱり二次元は二次元だよって。あの頃の自分に言いたい、「近い未来、その世界にどっぷり沈むから覚悟しておけよ」と。

10年前からテニミュの存在は知っていたし、それに心を注ぐ友人もいたけれど、いまいちハマりませんでした。 映像も見たけど、やっぱりキャラクターより俳優さんの要素を多く感じてしまって、「違う、○○くんじゃない」となってしまった。おそらくアニメの彼らの声のイメージが強かったからだと思います。そうなると、舞台の情報そのものをシャットアウトしてしまうんですよね。そして気づいたら世代交代もあって、テニミュに関しては完全にハマり時を見失ってしまいました。

それから全くと言っていいほど2.5次元舞台との接触がなかった生活が、2016年6月下旬に一変します。1つの動画との出会いでした。物語チックに言っていますが、たいしたことはおきません(笑)ご飯を食べる時のお供に、youtubeを漁っていただけです。その時に偶然見た動画がこちら。

キャラクターを俳優さんが演じています。人を選ぶと思いますのでご注意ください。

 


刀剣男士 team三条 with加州清光『まばたき』Full PV

 

刀剣乱舞は諸事情でゲームをしたことがなかったけれどキャラクターは好きで、二次創作はがっつり見てました。何が言いたいかというと、キャラクターの声を知らなかったのです。これが結構大きかった。もし、キャラクターの声(声優さん)を知っていたら、また「あ、違う」となって最後まで見なかったと思います。今はいろいろ作品を見たからか、声優さんと俳優さんの声が違っても受け入れられますが。

 

1:15~の今剣ちゃんの大天使スマイル

1:45~の石切丸さんの祓いたまえポーズ後の眩しいほどの笑顔

 

この2人の破壊力たるや。原作と衣装違うじゃんとか、何でみんな舞台なのにサイリウム持ってるの?とかいろいろありますが、もう2人の魔力に憑りつかれている私には些細な疑問でした。そこで踊っているのは、確かに私が想像していた今剣と石切丸だったのです。もっと見たい。動画を見終わった後、すぐにミュージカル「刀剣乱舞」を調べて、トライアル公演のDVDを注文しました。ツキステの予約の時もそうですけど、いざ思い立った時の行動力が恐ろしいですね(笑)

そんなこんなでDVDを見てからは、さらに2.5次元舞台の世界にずぶずぶ沈んでいきます。どのくらい沈んでいったかというと、その後1か月半の購入物が物語ってくれます。ここ1か月半で購入した2.5次元もののCD・DVDリストがこちらです。

 

【DVD】ミュージカル「刀剣乱舞」トライアル公演

【DVD】音楽劇「金色のコルダ Blue ♪ Sky First Stage」

【DVD】ミュージカル「ハートの国のアリス ~The Best Revival~」

【DVD】ミュージカル「Dance with Devils

【DVD】ミュージカル「黒執事-地に燃えるリコリス2015-」アニメイト限定版

【DVD】ミュージカル「青春 - AOHARU - 鉄道」

【DVD】ミュージカル「 ヘタリア ~ Singin' in the World ~ 」

【DVD】舞台「BROTHERS CONFLICT 再演」

【DVD】ミュージカル「さよならソルシエ

【CD】ミュージカル「刀剣乱舞」1stアルバム

 

そして予約済みのもの。(入金済み)

 

【DVD】舞台「刀剣乱舞」虚伝 燃ゆる本能寺

【BD】2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ アニメイト限定版

【DVD】ミュージカル「刀剣乱舞」本公演

【DVD】あんさんぶるスターズ!オン・ステージ

 

改めてリストにすると異常っぷりがわかりますね。

いくら貢いだかなんて計算してはいけません。いけませんよ。(現実逃避)

作品が好きだから買ったものや役者買いしたもの、特典の内容で購入を決めたものなどいろいろあります。さよならソルシエだけはまだ本編を見ていないので、早く見たいです。そして上記に挙げた作品たちの感想もいずれ書きたい。

 

2.5次元舞台・ミュージカルにおけるDVDという媒体について

本当に私にしか需要がないんじゃないかと思う話なので、見出しで分けました。真面目っぽい話が始まるかのように思えますが、そう見えるだけです(笑)

忘れないうちに、これだけは言わせてください。

 

舞台芸術は生で観劇するのが一番です。

 

いくらDVD化したところで、実際劇場に足を運んで観劇した時の言いようのない感動を上回ることはないと思っています。舞台芸術は生きています。同じ台本、同じ役者を揃えたって、全く同じ舞台は出来上がらないんです。それはアドリブだったり、アクシデントだったり、その回の公演でしか起こらないことがあるからです。それが楽しみで、同じ舞台でも何回も通いたくなります。

でもDVDで全公演収録!なんて作品はほぼないと思います。たまに特典映像として「アドリブ集」がついているくらいです。それも結構レアケースだったりするので、アドリブ集が収録されているだけで買いたくなります。つけてくれる制作さん、ありがとうございます。

ではなぜわざわざ公演DVDを買うのか。私のケースですが、いくつか理由があります。

  • 見れなかったところを見たい。
  • 特典映像(バックステージなど)が魅力的だった。
  • 友人に布教したい。

だいたいこの3つの理由のいずれか(もしくは複数)が購入のトリガーになります。

 

【見れなかったところを見たい】

実際に劇場で観劇しているとき(特に初回)はストーリーを追うのに必死です。全体の流れを見ようとすると、話しているキャラクターを見ることが多いです。しかし、その時舞台に立っているのがメインキャラだけとは限りません。そうです、本筋とは関係ないところで他のキャラが動いていたりするのです。舞台上のあちらこちらで、それぞれ思い思いに動く。・・・目はそういくつもないんだよ!よく観劇の感想で「目が足りなかった」とあるのはこの状況です。もしくは推しのキャラや俳優さんをオペラグラスで追っている場合。

例えば「BROTHERS CONFLICT」は兄弟13人が舞台上にいるシーンも多いです。とてもじゃないけど、全員の動きなんて把握できやしません。いいところに限って見落としたりします。(泣きたい)

その点DVDは自分が好きなだけ繰り返し見ることができます。もちろんカメラが写せる範囲にも限界はあります。自分の推しのイチオシシーンが収録されていないこともままあります。その代り、見えていなかった表情がアップで見られたり、実は舞台端でこんなことしてたの!?と見るたびに発見があって嬉しいです。DVDを見て好きなキャラや俳優さんが増えることもあります。刀ミュは上で話した通り今剣と石切丸に撃ち抜かれてDVDを買いましたが、DVDを見た後はすっかり「清光世界一可愛い」を連呼するほど加州清光に心を持っていかれました。わかりやすい(笑)

 

【特典映像(バックステージなど)が魅力的だった】

これはDVD化ならではですね!バックステージや日替わり映像、座談会など作品によってさまざまです。本編ディスクより特典映像ディスクの方が収録時間が長くなることもあったりします。

何を隠そう、私はバックステージ映像(メイキング)が大好きです!

どのくらい好きかというと、原作も知らない、劇場にも観に行っていないのに、DVD販売詳細に「特典映像:バクステなど」の文字を見るだけで購入予定リストに入ります。さらに収録時間60分越えとか書かれているとほぼ購入確定です。特典映像の中でも、何でバクステ映像がここまで好きなのかというと、俳優さんの素が見られるからというのももちろんありますが、自分がそのカンパニーの一員になったかのように感じることができるからです。そんなことはないとわかっていますが、自分がカメラを回したホームビデオを見ている感覚というのでしょうか。ふと以前舞台に立っていた時の空気を感じたい時があるんですよね。他人の役の歌を歌ってみたり、舞台裏で表じゃ絡まない子とじゃれあったり。円陣組むところは、画面越しに一緒に声を出したりします。側から見ると怪しいですね(笑)もうおそらく舞台に立つことはない私の、ちょっと変わった楽しみ方です。

 

【友人に布教したい】

 最近は夕方のニュースで特集が組まれたりと、演劇が一般大衆の目に触れる機会も増えてきましたけど、アイドルのコンサートなどにくらべると、まだ敷居が高いように感じます。あくまで私個人の考えですが、劇場で行われている演劇とかミュージカルってブラックボックスみたいなところがあると思うのです。劇場でどんなことをやっているのかわからない。お試しで見に行くにしても、チケット代は決して安くはありません。私だって、どんなものかわからないのに6000円払って観に行くかと言われると悩みます。興味がある友人がいても、じゃぁチケット買って一緒に観劇しに行こう!とは気軽に言えないんですよね。

そんなとき、公演DVDが手元にあると「とりあえず観てみる?」って誘いやすい。そこから最終的に劇場に足を運ぶようになれば万々歳です。観てみて肌に合わなくても、まあこういうものかで済みますし。


だから予算とかカメラ席の確保によるチケット発行数減少とかさまざまな問題がクリアになるなら、可能な限り公演DVDは出してほしいなと思います。それでまわりまわって、再演や新作が決まると嬉しい。



劇場でも、自宅で楽しむDVDでも

観劇って、楽しいよ!

 

ツキウタ。陽&夜「淡い花」感想

こんにちは!ずいぶん朝早く目覚めてしまったので、朝活と称して映画「心が叫びたがってるんだ。」を鑑賞しました。結果、心がスクランブルエッグ状態です。あああ、何で出勤前に見てしまったのか・・・!!初見はもっと考える時間があるときにするべきでした。

日常+ちょっと感動アニメくらいのイメージで見たけど、そんな軽いものじゃなかった・・・!!感想書きたい、良作だったと伝えたいのですが、言葉がまとまる気がしません。落ち着いたら書こう。

 

今回は陽&夜デュエット曲「淡い花」の感想です。発売時期としては「DA☆KAI」の後ですね。感想書く順番がぐちゃぐちゃ(笑)

この曲はツキステのPVで聴いて、たった数秒なのに虜になりました。とても私好みの曲です。この時から陽&夜コンビが気になったんですよね・・・。今では立派な陽&夜コンビ推し。

ジャケットはこんな感じです。どーん!

 

f:id:odetto:20160817090645j:plain

 

う、美しい・・・!!こういう淡い色使い大好きなんです!パステルみたいなふわっとした感じ。「淡い花」というタイトルに合っています。

そして衣装、このデザインの破壊力が凄まじい。これノースリーブに透け感のある羽織を羽織っているという認識でいいんですよね?二の腕ごちそうさまですとかいろいろありますが、夜くん可愛いいいい!コンセプトは天女の羽衣なんですかね。月に帰ってしまうのでしょうか。PV見た限りではステはONE CHANCE?衣装で踊っていたような・・・是非この衣装で踊る陽くんと夜くんを見たいです。見たらバスタオルが必要なレベルどころじゃなく泣く気がするけど。

 

表題曲「淡い花」とカラオケ、ミニドラマ「アイドル的日常編」が収録されています。

 

以下、ネタバレ注意です。

 

 

続きを読む

ツキウタ。Procellarum「ONE CHANCE?」感想

こんばんは!ipadminiのケースから、よくわからないプラスチックが飛び出してきてびっくりしました。このケース、トランクケースみたいでとっても可愛いデザインだからお気に入りです。もう皮とかボロボロなのにずっと酷使していましたからね・・・さすがにそろそろ変え時でしょうか(笑)CDとかDVDとかボドゲとか買いたいものがたくさんありすぎて、どうしても後回しになってしまいます。家電量販店で買おうとすると、新機種が出るたびに商品総とっかえみたいな形になることが多いので、通販に頼らざるを得ないのが残念。なるべくなら現物見て買いたい派です。

 

今日はついにプロセラユニット曲の感想です!こ、個々のキャラCDはまだ網羅できていませんが・・・。1度聴いてがしっと心をつかまれ、何回か聴いて気づくことがあったり・・・プロセラ深い。曲のしかけもずるい。

そういえばユニットの紹介をしていませんでした。

 

f:id:odetto:20160811172426j:plain

 【Procellarum(プロセラルム)】

  • 6月~11月担当の男の子で構成されるユニットで、Six Gravityの兄弟にしてライバルユニットです。
  • 通称は「プロセラ」
  • ラテン語で「嵐の」という意味を持つ。
  • メンバーは全員西日本出身で、皆それぞれ個性的。

 

表題曲「ONE CHANCE?」とカラオケ、ミニドラマの合計3トラック収録されています。ミニドラマはプロセラメンバー総出演で28分ほど。ミニドラマっていうと15分前後のものを想像してたので、かなりボリュームがあってお腹いっぱいになりました。ツキプロありがとうございます。ありがとうございます。

 

例のごとくネタバレですのでご注意ください。

 

 

続きを読む

ガチャガチャ

おはこんばんちは!この言葉、遥か昔にやっていたボイスブログで作った挨拶なんですけど、文字にするとちょっと面白いですね(笑)

今日はコミケ2日目かな?コミケも昔に比べて規模が大きくなりましたよねー!私のような腐女子で夢女子なら行く以外の選択肢がないようなイベントですが、家でまったり過ごしています。もともと体が丈夫な方ではないし、人混みは体調崩しやすいしで・・・。夏は暑いですからね!それに加えて会場は熱気がすごいですから。なので後日委託されるものにちまちま手を出そうと思います。
 
そういえばこの時期になると、Pixivにコミケのお品書きがたくさん投稿されますよね。それを見るのが結構好きです。カタログを見ることが好きなので、その延長線なのかなと思っています。フォント一つとってもサークルさんの個性って出ますし、背景も凝っていたりするとそれだけで買いたくなっちゃいます!
今は専ら読み専になってしまっているけど、そういうものを見るととてもいい刺激になって、私もまた何か出したいなって思っちゃう。自分の好きなものを発信する楽しさを知っているからでしょうか。今はこのブログが私の好きなものの発信場です。
 
全然タイトル回収できてない(笑)ガチャガチャって何だいって思うかもしれませんが、あの100円玉入れてぐるぐる回すものです。ガチャガチャかガチャポン、どっちの言葉を使おうか悩みました。地域によって言葉が違ったりするのかな?絆創膏みたいに。ちなみに私はバンドエイド族です。こんなことばっかり言っているから、いつも話が逸れていくんですよね(笑)
 
最近は子供があまりガチャガチャに興味を示さない時代なのか、大人をターゲットにしたような商品がたくさん出ていますよね。昔流行ったアニメのグッズとか。以前販売されたセラムンのステッキは企業の策略にのってまんまとまわしに行きました。設置していても中身がないとかザラでビックリしたなあ。1回まわすのにそこそこの硬貨が必要になったので、どんなものが出てくるのかなと思ったら思いの外ケースは大きいし(円柱みたいな形)、パーツを組み立てなきゃいけないしで、ガチャガチャでここまでのものを出せるようになったんだと少し感動しました。
あとは誰得だよと思いながらついまわしてしまった「ほっケース」が地味にお気に入りです。魚のポーチなんですけど、内側にもちゃんと開きになった魚が書かれています。謎のクオリティに笑いました。ここまでやるかと。
 
ガチャガチャは何が出てくるかわからないわくわく感が好きです。普段使いのお財布とは別に、100円硬貨だけ入れた小さなポーチも持ち歩いています。いつでもまわせるよ!親も同じものを持ち歩いているので、ガチャガチャが好きなのはもはや遺伝ではないかと思っています(笑)
 
そして昨日衝動的にまわしたガチャガチャがこちら。
 

f:id:odetto:20160814183224j:plain

 
ダンボー可愛すぎか・・・!!頭が大きいから自立するか少し不安でしたが、ちゃんと立ってくれました。ただ首も少し可動する弊害か、どうしても反省しているような姿になってしまう・・・。何とか上を向かせられないか画策しています。
画像が悪すぎて普通の茶色に見えますが、実際はゴールドです!大人しめのゴールドです!ちょうどいいサイズなので、職場のデスクに置いています。ああ、癒される・・・。